読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- kaleidoscope -

you drive me crazy

相葉くん紅白司会関連の話まとめ 01/08更新

第67回NHK紅白歌合戦の白組司会者が相葉くんに決定したと発表されてから1ヶ月が経ちました。
もう一生ないかもしれない単独司会ですし、相葉くんの考え方や言葉、嵐をはじめとする周りの人からの相葉くんへの愛がとても素敵なので、ここにまとめたいと思います。*1

 

 

 

2016/11/12 司会決定時コメント

相葉「こんな大役を僕一人がお引き受けできる立場ではないと思い、本当に悩みました…。 でもこの先、僕の人生でこんな有難いお話は一生いただけないと思います。毎年年末に「あの時にお受けすればよかった…」と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。 今の僕には、ただただ全力で頑張ることしかできませんが、出場歌手の皆さまに気持ちよく歌っていただけるよう精一杯努めますので、どうか皆様よろしくお願い致します。」

 司会者|第67回NHK紅白歌合戦嵐・相葉雅紀「紅白歌合戦」単独で白組司会に抜擢 - モデルプレス より

 

 

2016/11/12 Are You Happy? 札幌

相葉「嵐として5回やらせてもらってますけど、ひとりでやるということで、大変心細く思うことも多々ありますが、みんなもすごく応援してくれるなぁと感じたので、みなさん不安だと思いますが、一緒に年末を過ごせればなぁと思います。TVの前で応援よろしくお願いします。がんばりますので。」

 

相葉「1週間前に聞いた。即答できなくて、一晩考えさせてくださいって言った。」

 

相葉「5人で司会やった時は難しいところ一切やってなかったから」松本「俺は知ってるぞ!北島三郎さんの風雪ながれ旅の曲振りずっと練習してた。ここは間違えられねぇ!って、「北島三郎さんで風雪ながれ旅」「北島三郎さんで風雪ながれ旅」…って」

 

櫻井「あのコメントよかったよ。あんな本気なコメントなかなかない。不安?」相葉「不安。」櫻井「でも、楽しみだよ。ミスがあればあるほどおもしろい。」相葉「えぇ、ほんと?」櫻井「みんなもそうだと思う」(会場拍手)相葉NHK出禁になったらみんなのせいだからね!」「2月くらいに急にグッと!スポーツが終わるんでしょ?(笑)」相葉「その時はそうなったんだなって思って(笑)」

 

相葉「聞いたときびっくりして腰抜かした。」大野「ドッキリだと思わなかった?」相葉「思った。でも、超偉い人とふたりだったからドッキリじゃねぇなって。」

 

櫻井「俺らはNHKの15時のニュースをみんなで見て、おめでとうおめでとうってお祝いしたけど。連絡きた?」相葉「50件くらい。…少ないとおもったでしょ!?誕生日でもそんなにこないからね!(笑)。風間からはまだ。ジャニーズは、関ジャニの横山と村上はすぐきた。」

 

大野「家で見るね」相葉「会場きてよ。袖にいてほしい(笑)」松本「送り出すの?」櫻井「F1のピットインじゃねーんだから(笑)」

 

相葉「皆からもお祝いしてもらってありがとうございます!頑張ります!一緒に見て応援してください!」

 

二宮「(最後の挨拶が)司会者っぽいな」相葉「そのイジリやめろよ!」

 

松本「最後に司会者から一言」相葉「みなさま本日は誠にありがとうございました、気をつけてお帰りください(投げキッス)」

 

 

2016/11/13 Are You Happy? 札幌

二宮「これってNHKのですか?」相葉「プライベートで風間くんとか呼んでやんないから」

 

相葉「皆さんの応援がないとプレッシャーで潰れそうなので応援よろしくお願いします! 」

 

櫻井「何かあったらすぐに持っていきますので」相葉「差し入れ?」櫻井「図書カードとか」二宮「急に本読みたくなるかもしれないしねぇ」大野「からあげとか」相葉「ザンギね!昨日食べたね。おいしかったね。」

 

櫻井「次の曲紹介を紅白司会風に」大野「練習しよう!」相葉「第67回紅白…」二宮「ちかうちがう!嵐だから!」相葉「嵐…何回目?…一旦CMです。」松本「聞こえてる?出にくいんですけど…」相葉「あぁすいません!すいません。あとでぼくボコボコにされてきます!」松本「しないですけど(笑)。」相葉「ふつうにやります!」

 

 

2016/11/21 Are You Happy? 東京

相葉「この度、第67回NHK紅白歌合戦白組司会をやらさせていただきます、相葉雅紀です!これでみなさんも安心して年を越せなくなりましたね!ハラハラして年を越すことになりますね!」

 

櫻井「どんな感じで聞いたの?」相葉「呼ばれますよね?ひとりだったから、なんだろうなぁ、嫌な話だったら…いや俺はなんもやってない!って思って行ったら「あなたNHKの」NHK?グッと!スポーツかな?年末のSPくれんのかな?「紅白」こうはく。「司会」しかい!?!?」

 

相葉「僕の意見も聞いてくれるって。でも、ひとりじゃ決められない。大きなことだから。だから、一緒に考えてくださいって言って。(自分の司会姿を)考えるんだけど、想像つかなくて。嬉しい話だけど、最後までやりきれなかったらどうしようとか思ったりして。でも、のちのち紅白出たとき、家で見るのもそうだけど、毎年あの時受けておけばよかったって後悔するなと思って。だって3年後くらいに実は司会きてたんだよって言っても信じないでしょ?」4人「うん(笑)」

 

櫻井「札幌でニュース見たじゃん?相葉くんのコメント俺すごい好きだったの。『この先後悔するかもしれないから…』ってコメントの時の映像が審査員席の前で(笑顔で愛を叫べを踊る相葉くんの真似)。コイツ絶対後悔しねーって(笑)」相葉「俺選んでないから(笑)」

 

櫻井「曲紹介してもらおうかな」相葉「いいんですか、させてくれるんですか」大野「練習しよう」相葉「すみません…。第67回紅白歌合戦…」二宮「違うんだよなぁ(笑)」大野「本番と一緒ね」

 

相葉「途中経過です!…白組優勢!白組がんばってください!!後半戦に参りたいと思います。出会いもあれば別れもある、そんな曲です。松本潤さんで『Baby blue』」

 

相葉「最後の曲です。嵐さんでDaylight」(深々とお辞儀する相葉くんに合わせてお辞儀する4人)

 

 

2016/11/22 TVガイド

櫻井「相葉くんの司会、俺らも発表の直前に聞いた。大舞台だから頑張ってほしい。」

大野「今まで5人でやってきたことを全部背負うって俺には無理(笑)」

 

 

2016/12/30 TVガイド

松本「今年の大晦日、相葉くんが笑顔でいてくれるといいね」

二宮「楽しみだね」

松本「一人っていうのはまた感覚も違うだろうから、どんな紅白になるのか、ただ楽しみしかない。」

二宮「相葉くんはきっとビシッとやってくれるよ」

松本「録画もしてね。元旦にゆっくり見たいな。」

 

 

2016/12/30 Enjoy(Johnny's web 松本潤連載)

松本「メンバーとしては楽しみ!体調面は大丈夫かなと心配になるけど、それ以外はなんの心配もないよ!!白組が勝てるように僕らも微力ながらサポートさせてもらえたら。」

(紅白の話のところを遠目に見るとクリスマスツリーの形になっている…?真意は謎。)

 

 

2016/12/01 日経エンタ

・嵐対談

櫻井「紅白の歴史に単独で名を刻むってすごいことだよ」二宮「司会者は全出場歌手と面談するんだよね?」松本「俺らとの面談時間は相葉ちゃんの休憩タイムにしよ?」大野「スイーツ持ってくよ」松本「じゃ俺、軽食担当(笑)」相葉「当日までにも気を張る場面がたくさんあると思うから助かるよ〜」

 

・個人インタビュー

相葉「プレッシャーはもちろんあります。すごいうれしいことなんだけど、「やっていいのかな?」「やりきれるかな?」ってすごく考えました。でも、「断って後悔するぐらいだったら…」って思っちゃったんですよね。一晩考えて、ちょっと置いておかせてもらって、「絶対やる!」っていう気持ちに持っていった感じです。正直怖いですよ。だって、その年に活躍した方が1年の締めくくりで歌う場所ですから。その紹介をすることがどれだけ重いことかは、これまで間近で見てきましたし。でも、不安を並べても解決しないので、皆さんには気持よく歌っていただけるように尽くすだけ。きっともう二度とない話だと思うので(笑)。」

 

 

2016/12/04 紅白1分PR 司会・顔合わせ

相葉「最初は、ちょっとドッキリかと思ったんすよ。うちの母ちゃんはねぇ、泣いてましたね。やっぱそれぐらいの事なんだなぁって、改めて思ったっていうか…。」

相葉「あぁ!架純ちゃん。」有村「よろしくおねがいします。おはようございまーす。」相葉「おはよう」

有村「すごいびっくりしました。もう。ほんとに、こう、手がこうなりましたもん。へ?って」相葉「あははは」

有村「「あんたにできんの?」って、すごい心配されました。」

スタッフ「今年はちょっとチャレンジになることをしたいと思ってまして…」相葉「こーれはね、大変だ!」有村「大変ですね」相葉「ねぇー、大丈夫、架純ちゃんがいるから大丈夫だ」有村「ははははは」

相葉「ド緊張だよねぇ。いける?」有村「いけ、あはははは」

相葉「当たって砕けろだよね。あ、砕けちゃダメだけどね(笑)。チャレンジはしたいよね。…そうだよね」

相葉「みんなをハラハラドキドキさせちゃってるよね」有村「あたたかく見守ってくれたら…いちばんうれしいですけど」相葉「ね。」

 

 

2016/12/02 レコメン!アラシリミックス

相葉「すごいことだよね。よく話きたなって思う。最初ドッキリかと思った。事務所の方とふたりだけで聞いたんだけど、ドッキリなわけないな、カメラ探してもないし。「まじっすか。ちょっと考えさせてください」つって。簡単にやったー!っていう話じゃない。ちゃんとやりきれるかとか不安だらけだし、生放送慣れてないし。でも、考えたらやっぱりここで「今回すいません、本当にうれしいんですけどお断りします」って言ってしまったら、今年の紅白に歌手として呼ばれたらどんな気持ちになるのかな、来年もし呼ばれるか分からないけどどっちにしてもテレビで見るから、どういう気持ちになるんだろうなって思ったら、やっぱり後悔するぐらいだったらやったほうがいいって自分の中で決めて。なんか挑戦しない方が恥ずかしいって思ったんだよね。もちろん、挑戦して精一杯やってダメだったらしょうがない。そういう人生だって思うと思うし。後悔する方が辛いなと思ったから受けさせていただいた。なので、精一杯頑張るんで、楽しい年末になるように頑張りましょう!」

ちか「期待してます」

相葉「期待されてもなぁ、不安だらけだからなぁ。なんか質問してよ。これから会見とかあるから練習したい。」

ちか「ご両親はどんなふうにおっしゃってましたか?」

相葉「発表した当日ライブだったんだよね、北海道で。発表が終わって、両親から普段あんま滅多にかかってこないけど、すごい電話かかってきてて。なんだろうと思って電話したら「おめでとう」ってすごい喜んでて。母ちゃん、ちょっとたぶん泣いてたね。聞かなかったけど、なんか泣いてるっぽいなぁ、すげぇことだなぁって、ますますプレッシャーになっちゃって。お母ちゃんの涙がプレッシャーだった。」

メール「嵐のメンバーからの反応は?」

相葉「ほんとにおめでとうって言ってくれてますよ。直接。発表する前にみんなに直接発表して。かくかくしかじかこういうことになりましたんで…っていう発表がありました。」

ちか「アドバイス的なものは?」

相葉「がんばってねぇっていう感じかな」

ちか「ひとりだけズルいぞ!とかは?」

相葉「そういうのはなかったね」

ちか「いざとなったら俺が助けるぞとか?」

相葉「助けていただこうかなぁ(笑)」

 

 

2016/12/05 イチゲンさん

大吉「相葉さん。この度は本当におめでとうございます!紅白の司会…。嵐さんで司会なさってましたけど、今回はひとりでしょ。最初に打診があったときはどんな感じで。」

相葉「ほんとドッキリかと思ったんですよ。だって1ミリも考えてなかったから。」

大吉「そうですね、正直視聴者としても…。」

相葉「でしょ!?」

大吉「相葉さんにピンポイントできたんですか?」

相葉「そうそう」

大吉「他のメンバーにも知らされず」

相葉「そうです」

大吉「これプレッシャーすごくないですか?」

相葉「うん…悩みました。だからすぐ即答できなくて。考えて。うーん、やっぱり俺には荷が重いかなぁと思ってたんですけど。でも、チャレンジしなかったら、おはつチャレンジしなかったら」

大吉「絡めなくていいっす!こんな番組と!こんな番組ってごめんなさい。これと紅白は絶っっ対に絡めないでください!」

相葉「いやいや、なんでチャレンジしなかったんだって後悔すると思ったら、どうなるか分からないけど精一杯がんばらさせて頂きたいですっていうのを伝えて。で、嵐も出場歌手として発表されたし、近くにいてくれるし、頑張ろうってなったんですよね。…ちょっと生ビール頼んでいいっすか?今日トークする?トーク番組にする?」

 

 

2016/12/06 さとらじ(ARASHI DISCOVERY

大野紅白歌合戦、嵐は、出場が決まりました!ありがとうございます!8回目ですって。すごいね、そんなやってんだ。しかも今回司会は…相葉雅紀!(パチパチ)いやぁ〜すごいね。いつ聞いたんだっけなぁ…事務所の方に5人呼ばれて、相葉ちゃんはその前から聞いてたんだけど。呼ばれて、「紅白、相葉くんでいきます」うわぁーマジかーと思って。だからもうねぇ、なんだろ。僕ねたぶんね、もちろん白組勝ってほしいけど、紅白歌合戦終わって「良いお年をー」っていうとき、終わりましたの相葉ちゃんの顔みたら、おれちょっと泣いちゃうかもしんない。泣いちゃうというかね、ちょっと…ちょっとねー、見れないかも。達成感の相葉ちゃんの顔みたら泣いてしまうかもしんない。すばらしい!みたいな感じでね。最後の瞬間ちょっと離れようかな逆に。メールもいただいてますよ。アカネさんから「大野くんおはようございます。紅白では司会者と出演者が面談をすると思うのですが、嵐が出たらどういう風になると思います?」たしかに。面談するんじゃない?こないだちょっと5人で話てたのが、このメールのはなし、こういう内容的なはなしになったんだよ。面談するよねぇつって。メンバー4人は「こんときぐらいは休んでな」って言いましたね、みんなで。なんせ別にー嵐が嵐に質問することなんてないじゃない。ぼくらはその、面談もあるけど、スタッフさんもいるからねぇ。みなさんに伝えればいいし、そんときぐらいは休みなつってたね。あの面談もけっこうずーっと拘束時間もねぇ、けっこう拘束あるから、そんときぐらいは休んでほしいですけどね。ま、でもたぶんすると思いますよ。」

 

 

2016/12/09 レコメン!アラシリミックス

相葉「こんなことこっちからね、求めるものじゃないんだけど、「紅白の司会やらせていただきます」みたいな発表があって、関ジャニの村上・横山からすぐ『おめでとう』ってきて。風間くんきてないんだよね。なんかね、2日くらい遅れて電話かかってきて、なんか今知ったような感じで『あ、紅白やるんでしょ?おめでとう!』みたいな電話もらったんだけど。そんな時差あんのかなと思って、彼。」

ちか「2日間電話できるタイミングじゃなかったんじゃないですか?」

相葉「いやーあれ確信犯だと思うよ。忘れててさぁ、『あ、やっべ』みたいな『ま、いっか』みたいな。『ちょっと今知ったふりして電話しちゃおうかな』みたいなテンションだったなぁ。でもそれ、かたやね、横ちゃんなんかさ、。北海道行ってるときにその発表したのね。で、北海道終わって東京ついて、メールきて、『ちょっといま電話できひんのか』みたいな。「いやできるよ」つって、電話して。「今羽田ついたばっかなんだよね」『今からちょっと飲もうや』「いや、まってよ」と。3日間ね、フルアウトしてるわけ。体力がもうなくて、行くのめんどくせぇ、「いやいや、やめようよ今日は。おれ今日ほんと体力ないし…」もうなんか北海道で持って帰ろうとしてた、家で食べようとしてたウナギ弁当持って帰ってたの。楽屋で食わずに。「ウナギ弁当あるから、それ食べるから家で」つって。そしたら『いやいいよ、じゃあ家きて食いぃ!』ってなって。なんだよめんどくせぇなぁって思って行ったのよ。すごいめんどくさかったよ?行って、ピンポーンって鳴らしてドア開けたら、パンパンパンパンパンつって。『紅白司会おめでとう!』みたいな、すごいサプライズで。横の友だちとかと。俺、直接会ったことない人もいたんだけど。なんかみんな祝ってくれて。なんかテンションすごい上がったんだよね。ちなみにそん中に風間はいなかったよ。なんかすごいうれしくて、それでちょっと疲れ吹っ飛んで。横んちで飲みながら、ビール飲みながらウナギ弁当食べて、それで帰るっていう。なんか優しいよね。」

 

 

2016/12/12 アラおめ!会見

今年、単独司会に挑戦する相葉は「年末に向けて緊張感が高まってきた。かなり(緊張感は)高いです」と紅組司会の有村架純とともに挑む大舞台への思いを語った。

松本潤は「相葉君の方がいい年でしたね。頑張って下さい」と紅白司会を控えた相葉にエール。背中を押してもらった相葉は「緊張感が高い年末を迎えます」と表情を引き締めると、最後は関取4人から6回の胴上げを受け、気持ちを高めていた。

 嵐・相葉 紅白司会に「緊張感高まってきた」 松潤「相葉君の方がいい年でした」/芸能/デイリースポーツ online より

大みそかのNHK紅白歌合戦にて初の単独司会を務めることが決定している相葉さんは、2016年を「5人で一緒にいることが多かったなと思いますね」とふり返った。続けて、「あと、なんだろう、年末に向けてどんどん緊張感が高まってきています。そんな年です」と単独司会の大役に向けた現状に言及。「緊張感の高い2016年の年末を迎えそうですね」とも。

1年前に松本さんが「2016年は過去12年間の中で一番いい年になるのだ」とコメントしたことが紹介され、言葉通りになったかを尋ねられる一幕があった。松本さんが「相葉君の方がいい年でしたね」とトークを盛り上げると、相葉さんは「そんなことないですよ。みんないい年ですよ」と苦笑い。そんな相葉さんに、松本さんは「がんばってください」とエールを送った。

「嵐」相葉雅紀、紅白司会に重圧も松本潤から「相葉君の方がいい年でしたね」 | cinemacafe.net より

 

 

2016/12/12 NHKウイークリーステラ

有村「兄妹役で3ヶ月ご一緒してたとき、相葉さんはすごく男らしくて頼もしい方だったので。」

相葉「そういうトコ、普段はあんまり見せないようにしてるんだけどねぇ(笑)。でも、架純ちゃんだけは見せちゃいました(笑)。」

 

相葉「メンバーも僕がガッチガチに緊張してる姿は見たくないって言ってたんで、楽しんでできたらいいなと思ってます。」

 

 

2016/12/12 ザテレビジョン

有村「私、相葉さんのステキなところいっぱい知ってるんです(笑)。」

相葉「またまた~」

有村「ドラマの現場でいつも同じテンションでいてくださって、一緒にいて安心できました。主演でしたし、他の仕事もいっぱい並行していて、大変だろうなって思っていても現場ではいつも同じ笑顔であいさつしてくださって。現場を引っ張って、責任感もすごく強くて」

相葉「褒め過ぎ…(笑)」

有村「私は相葉さんは男らしい印象がすごく強いです」

相葉「やった!でいいのか?いいんだよね(笑)。ありがとう!そんなに褒めてもらうことってなかなかないから。架純ちゃんのおかげで、ようやく僕の本音…いや本性が見えてきました。ってほら、褒められ慣れてないから訳分かんなくなっちゃった(笑)」

 

 

2016/12/12 TVガイド

・嵐対談

相葉「俺は今だったら紅白歌合戦の白組の勝利かな。」

櫻井「あー!全く同じこと思ってたのに!!」

松本「相葉さんの司会、すごく楽しみだよ」

櫻井「でも5人でいた楽屋を一人で使うことになるんだ」

相葉「ねぇ、考えただけでソワソワするよね。前と同じ席に座ってるから会いにきてね。」

松本「でも相葉さん、ずっとステージに出てるから…」

相葉「だからずっと俺のこと見守ってて!見逃さないで!」

4人「わかったよ(笑)」

 

・VS連載

松本「相葉さんも紅白に向けて元気で頑張ってね。」

相葉「頑張りますよ!」

松本「今からもう心配だよ。相葉さん、年末は元気かな、忙しすぎて倒れちゃうんじゃないかって。」

相葉「いやいや大丈夫!」

松本「相葉さんはレギュラー番組もあって、紅白の司会もあって。できることなら代わってあげたいけど、こればかりは代われる人はいないよ。」

相葉松潤、優しいなぁ。」

松本「最近スイーツにハマりすぎてるからそこも心配なんだよ。摂り過ぎは良くないから注意しないと。」

相葉「ハイ分かりました!」

松本「量もチェックしてるから!」

相葉「超優しいね!」

松本「年末まで相葉さんの健康管理しないとね!お目付け役です(笑)。」

相葉「ありがとう!」 

 

・司会対談

相葉「ドラマで兄弟として共演してから1年半ぶりくらいだよね。また一緒にお仕事できるのは嬉しいけど、それがまさか紅白歌合戦だなんてビックリした!」

有村「私もまさか、こんな大舞台でまたお会いできるとは思ってなかったです。でも白組司会が相葉さんだって聞いてすごくホッとしたというか…。お人柄も知っていますし、よかったなって。」

相葉「お兄ちゃんですからね!」

 

相葉「負けちゃうと異様に疲れるのも分かったから絶対負けない方がいいよ(笑)」

有村「勝てるように頑張ります」

相葉「僕も勝ちたいけど、勝たせてもあげたい。だから…引き分けがいいかも(笑)。」

 

 

2016/12/13 福島民報 週間テレビガイド

相葉「嵐のメンバーに告げた時は「本当?一人で?」って言われて。僕以上に驚いたんじゃないかな。1ミリも考えていなかったと思う。でも応援してくれました。」

紅組司会には、「ようこそ、わが家へ」で兄と妹として共演した有村架純が起用された。「協力しながらやりたいです。お兄ちゃんですからね。勝負だけど、負けると疲れが出るから勝たせてあげたい。でも引き分けがいいかな。」

「大事なこと」を語る時は引き締まった表情で「出演者の方々の思いを歌につなげ、気持ち良く歌っていただけるよう努めること。そのためには練習もしたいですし…。だから、皆さんをハラハラさせている場合じゃないんですよ」

人当たりが柔らかく、場の空気を和ませるのがうまい。彼なら今年最後の大舞台をきちんと仕切ってくれるだろう。

 

 

2016/12/14 紅白1分PR ポスター撮影

有村「チームプレーですからこれ」相葉「うん、そうだね」

武田「こんにちはーー。総合司会の武田でございます。」相葉「相葉です」有村「よろしくお願いします。有村架純です。」相葉「よろしくお願いします」

武田「それぞれの世代に伝わるように」相葉「伝わるように。はい。わかりました。頑張ります。」

相葉「武田さん何回目ですか?」武田「初めてです。」相葉「へぇ~」武田「歌番組も初めてだし、ニュースセンター以外で仕事したことほとんどないので。」

相葉「そしたら武田さん、あれですか?もしかして、9時のニュースの…」武田「へ?」相葉「紅白の日」武田「9時のニュース?あっ」相葉「1回ニュースはさみますもんね。」武田「そうですね、あれはもうねぇ…」相葉「生で、会場でできますね」武田「いままで…(笑)」有村「あははは」相葉「そのまんま(笑)。流れでできますね。」武田「では続いてニュースです。」相葉「あははは」武田「いいかもしれないですねぇ」相葉「ねぇ(笑)」

 

 

2016/12/16 NHKウィークリーステラ

 

 

2016/12/18 紅白1分PR NHKホール下見

「いやー」「どうしよう」「いよいよ、始まるね」「ほんとですね」

「あのへんに座ってたんじゃない確か」「そうです私、一番前」「審査員だったもんね」

「これなに?なになに?」「すごい」「今年は巨大なかまくらっていう気分で作ったんですね」「じゃみんなでちょっと寄り添ってっていうイメージ」

「えー待って何これ! ここもステージ?」「そう、いつもはないところです」「ですよね」「ちなみに嵐使っていいんですかここ」「どうですかねぇ」「あははは」「いろいろ想像が膨らむなぁ…はぁすごい」

「元気にやりたいね。なんか恐縮してる司会ってあんま見たくないもんね。なんか今年ならではの本当に二人のらしさが出せるような」「そうですね」「紅白にしたいね。架純ちゃん、がんばろっか」「はいがんばりましょう」「よろしく!」「お願いします!」

 

 

2016/12/19 曲目決定時メッセージ

今年も紅白に出演できることを、大変嬉しく思います。紅白のステージでは、今年の思いをのせた素敵なパフォーマンスにしたいと思っています。そして、相葉雅紀の司会も皆で目一杯応援したいと思います。

嵐|白組|第67回NHK紅白歌合戦 より

 

 

2016/12/28 シブ5時

・相葉さんの単独司会 嵐メンバーの反応は?

相葉「僕よりビックリしてましたよ。『えー!1人でやるの?マジで?」「5回も5人で温めてきたものを、あんた1人でやるの!?』みたいな。いやいやすみません。違うんですよ。僕だって5人でやりたいんですよと。だからまあまあ、本当に申し訳ないけど『頑張らせて頂きます』と言うことを伝えて、じゃあ『頑張ってきてね』って言う温かい話です。あははは」

・お母さんの反応は?

相葉「話したのはメンバーだけで、あとは親にも言っていなかったんで、あの(NHKの)発表を受けて、すぐ母親から電話かかってきて。「ドッキリじゃないよね?」みたいな。結構仕掛けられやすいタイプなので。僕もいまだに信じていないんですけどね。いつチャッチャチャー♪と来るかわかんないんで」

 

 

2016/12/29 音楽ナタリー

・紅白司会者面談

会見の前には司会者との面談を済ませたといい、相葉雅紀(嵐)や有村架純と対面した感想を問われた菅井が「ずっとテレビで見ていた方だったので、まず『実在するんだな』って……」と語って笑いを誘う場面も。相葉や有村からは「がんばってね」と声をかけられたそうで、菅井は「すごく励まされました」と笑顔をのぞかせた。

欅坂46平手友梨奈、記者からの質問集中も「全体に注目して」 - 音楽ナタリー

白組司会者、相葉雅紀(嵐)との面談を振り返ったマリウスは「すごい緊張してました!(笑)」と明かして菊池からはたかれる一幕も。その後、菊池は「相葉くんがいてくれることは心強いです。『がんばって』とエールをもらいました」とフォローを入れていた。

Sexy Zone、紅白司会者・相葉雅紀との面談振り返り「緊張してました」 - 音楽ナタリー

司会者との面談では紅組司会の有村架純、白組司会の相葉雅紀(嵐)とオープニングの演出について相談したという彼ら。安田章大は「『ズッコケ男道』は皆様と掛け合える曲なので、ぜひ参加してほしいです。相葉さんと有村さんも踊ってくれると約束してくれました」と話すが、すかさず大倉忠義から「約束はしてない!(笑)」と訂正が入る。このオープニングについて、錦戸亮が「僕と(渋谷)すばるが(司会者2人を)囲むんです」と明かすと、渋谷は「どう絡んでやろうかなと……(笑)」と不敵な笑みを浮かべた。

関ジャニ∞、紅白トップバッターで司会2人へ「どう絡んでやろうかな」 - 音楽ナタリー

今年の白組司会を務める後輩の相葉雅紀(嵐)との面談については、昨年司会を務めた井ノ原が「この間会ったときより貫禄が出ていて。よく考えたら(嵐として)5回も司会をやってるんだから、何も心配ないんですよね」と語る。また坂本昌行が「『今年は勝ちます』って言ってたよね」と明かすと、井ノ原は「相葉くんに優勝旗を持たせてあげたい。そして去年は負けてしまったので、ちょっとだけ触らせてもらいたい(笑)」と意気込みをアピールした。

V6、3回目の紅白を前に「SMAPの精神を受け継ぎたい」 - 音楽ナタリー

白組の司会を務める相葉雅紀(嵐)への思いを聞かれると、国分太一は「たぶんダメじゃないですかね? おトイレの回数が増えそう」とユーモアたっぷりに話し、松岡は「アイツのことだからやってくれると思います」とコメント。さらに山口が「僕らもいるんで」と力強く語っていた。

TOKIO、23回目の紅白出場に意気込む「普段島でいろいろやってますから」 - 音楽ナタリー

 

・司会者囲み取材

1人で白組の司会を務める思いについて聞かれた相葉は、「5人でやらせていただいていたときは、大変なところは櫻井(翔)くんがやってくれたんで(笑)。今のところすごく楽しく、出演者の方とお話しています」とまだ緊張していない模様。「ドラマで共演経験があるので、そのときの空気感がよみがえって」と一緒に司会を務める有村との相性のよさについても述べた。有村も相葉を横に「責任感があって。でも、相葉さんに任せてばかりじゃだめだなって。一緒にがんばっていけたらと思います」と笑う。また相葉は「面談でジャニーズ事務所の先輩と会うと安心する」「(KinKi Kidsの堂本)剛さんには『俺らのところは気抜いていいから』と言ってもらって」と微笑ましいエピソードを語るなど場を盛り上げる。

武田アナウンサーは2人のやり取りを見守りながら「頼もしいですね。僕がやることはないですから」「改めて安心して……いや、安心してはいないかな、自分については」と謙遜。相葉はこの言葉に「その声だけで安心します」「見習うことばかりです」と太鼓判を押し、武田アナウンサーの研究熱心な姿を報道陣に説明する。さらに「ダンスの振り付けも練習したんですよね?」と水を向けると、武田アナウンサーは「それはあまり気にしないで……」と意味深に返答していた。

そして相葉は「紅白」司会の先輩として「ごはんの時間は気を付けろ。ごはんはちゃんと食べて。でも直前まで食べてるとウッとなるから」と自身の経験を踏まえてアドバイス。仲睦まじく会見が終わると思いきや、相葉は最後に「嵐で司会をしたときに、勝っても優勝旗を持ったことがないんで、勝ちたい気持ちはある」と闘志を燃やす。一方の有村は「私も負けたくないんですけど……楽しくやれたらいいな」と口にした。

嵐の相葉雅紀、「紅白」共演の有村架純にアドバイス「ごはんはちゃんと食べて」 - 音楽ナタリー

 

・嵐コメント

8回目の出場にして大トリを務める嵐。この出番に松本潤は「相葉(雅紀)さんの司会もサプライズですけど、大トリという大役も驚きです」と緊張の表情を見せ、白組司会と大トリのダブル大役の相葉は「自分たちの歌を歌ったらちょっとラクになるかな、と思っていたのに……(笑)」と、最後まで緊張を強いられる出番に苦笑いしていた。

「白組司会・相葉雅紀」への思いを尋ねられると、櫻井翔は「こんなこと言うのははばかられますけど、ある程度のハプニングは期待しています(笑)。ミスを恐れずに」とアドバイスし、松本は「5人での経験があるので、締めるところは締めると思います」、大野は「(嵐として)何回もやってるし」とエールを送る。二宮和也は「できると思いますよ!だから選ばれてるわけだし」と力強く背中を押した。

彼らが今回の紅白で披露するのは「嵐×紅白スペシャルメドレー」。大トリまで長丁場を務める相葉は「(最後まで)振りを覚えているかな……今日は居残り練習します(笑)」と気合いを見せた。

今年1年を漢字で表すと、という質問にメンバーそれぞれが答える中、松本は「雅」を挙げる。「相葉くんが紅白の司会というのはすごいこと。きれいに(1年を)飾って、最後に優勝旗を持ってもらえれば」と嵐での司会時に優勝旗を手にしたことがない相葉へ期待をにじませると、相葉はこれまで優勝旗を手にすることが多かった大野に対して「絶対出てこないでね!(笑)」と釘を刺した。

嵐、紅白司会の相葉雅紀へエール「できるから選ばれてる」 - 音楽ナタリー

 

 

 

 

2017/01/04-07 紅白終了後コメント

めざまし・ビビット・とくダネ・ひるおび・みんなのニュース・ブランチ まとめ

相葉「楽しかったです。すごく。はい。負けちゃったのが悔しかったですけどね。でも、やりきりました!全部出しきりました!はい。」「一生に一回だと思ってやらせていただいたので、もうだから全力を尽くすってことが目標に、やってて…。その目標は達成できたので、悔いはないです。」

レポーター「司会のおもしろさを感じましたか」「ポンコツ司会者だったんで、そんなに…。でも全力でやらせてもらいました。」

「今日会場にいる先輩たちが優しくしてくれました。TOKIOKinKi KidsもV6もお兄さんたちのやさしさを感じました。」レポーター「心強かったですか」相葉「心強いです、もちろん。やっぱりそういう方たちが来て、パフォーマンスの時のトークとかは、すごく心強かったというか、なに言っても返してくれるし。」

レポーター「最後涙ぐんでるように…」相葉「え!見えました?そうですか?でもちょっとあの瞬間は『One Love』がかかった時に、もう全てが解放されたというか、一人一人のアーティストの皆さんに気持ちよく歌っていただこうという思いからスッと解き放たれて、いや~楽しかったなというのと、ホッとしたなっていうのと、色々な気持ちが混ざっちゃった感じです、はい。」

レポーター「一人というのは心細かった?」相葉「そうですね、全然違いましたね。やっぱり、隣見てメンバーがいないというのは…。なんかメンバーの大事さ、ありがたさがすごくわかった1日でした。」

有村「相葉さんは本当におひとりで引っ張ってくださって。だからあの涙だったのかなって。「やっと終わった、ホッとした」ということを言っていたので、やっぱりすごく気を遣って、いろんなことに気を配ってやられてたんだと思います。」

 

 

2017/01/08 ベイスト(BayStorm)

二宮「相葉くんとかそれ(年末年始の雑誌の撮影)+@で、紅白の取材をしていたりとかさぁ、するわけだよ。絶対、風邪引くと思うけどね。相葉くん。お正月。絶対、風邪引く。だって、俺たち、1年目のときに。司会1年目のときに、終えて迎えた正月、みんな体調悪くなったからね。みんな寝てたよ。正月。もう自分が感じることができないプレッシャーがあったんじゃない?終わったー!ってなった瞬間からもうみんな体調悪かったよ。だから、絶対風邪引くね。あの人。大変なんだよねぇ…。一人だよ?どうする?相葉くんもさ、悩んだと思うけどさぁ。なんか、最初は悩みました。みたいな。でもなんかこう…年末になって、紅白…を、ね?見る期間、見る日になったときに、毎年、紅白を見ながら、「あー、あんときいただいた司会、やっとけばよかったな」って後悔するぐらいだったら、その。こうやっていただけてるときに「やってみたい」って思えるようになりました。っていう話をしてたんだけど。もう…もしそういうことになったら。まあ、ちょっとラジオは1ヶ月半ぐらい休む…1ヶ月半か2ヶ月ぐらいまあ休む…。4回。4回か8回ぐらいだ。ほんとに。え?関係あります?そりゃ、そりゃそうですよ。それぐらい大変なんだから、ほんとに。」

※随時更新予定です

 

 

*1:省略・抜粋しているところがありますのでご了承ください